bt01-1.jpg

bt04-1.jpg

bt02.jpg

bt03.jpg

豊かな自然に抱かれて、のびのびとした子供に
王司保育園は、恵まれた自然環境の中、のびのびとした人間性あふれた、明るい子、がんばる子、考える子に育てることを保育目標にしています。

7月の保育目標

DSC08406.JPG

★運動と休息のバランスに留意し、健康で快適に過ごす。
★思いを伝えながら、友だちと関わって遊ぶ楽しさを味わう。

初夏を迎えたこの季節はお天気も変わりやすく、雨と晴れと曇りを繰り返していますが、緑の葉は深みを増して陽がさすときらきら輝いています。気温も室温も上がる夏、体調を崩しやすい季節です。室内の湿度や温度に気を配り、水分補給や休息をとりながら健康管理に十分注意し、快適に過ごせるようにしていきたいと思います。また紫外線がとても強くなりますので、戸外に出るときには必ず帽子をかぶるように、ご家庭でも声をかけるようにしてください。早寝、早起きをして規則正しい生活を心がけましょう。

7月1日(月)から、プール開始です。

7・8月の月・水・金曜日の晴れの日に実施します。(他の曜日はお休みです。)
★水着、プールバッグ、タオルの準備をお願いします。
★水遊び用の空き容器を1つ、6月末までに、持って来てください。
霧吹きや洗剤の空き容器など、水がよく飛ぶ容器が、子どもたちに人気です。
★7・8月は、お昼寝をします。
お昼寝用のバスタオル2枚、6月末までに、記名して持って来てください。
暑い時期は、布団の代わりに、バスタオルを使用しますので、布団は不要です。
プール遊びの前に…
こんな症状があるときはプールに入れません。
・せき・鼻水・下痢や腹痛
・湿疹や傷が化膿(とびひ、水いぼは専門医の許可を得る)
・薬を飲んでいる
・熱がある
・目(結膜炎など)・耳の病気(中耳炎、外耳炎)
・アタマジラミ

熱中症に気をつけて

熱中症にならないために、戸外では帽子をかぶり、日陰で遊ぶようにしましょう。症状が疑われたら、日陰や涼しい部屋に移動し、衣服を暖めて水分補給をします。また、水をかけたりうちわであおいだりして体を冷やします。
氷のうがあれば、わきの下・足の付け根など、大きな血管が通っているところを冷やしましょう。
※意識がなく水分補給ができない場合は、救急車を呼ぶ必要があります。

寝冷えしないように

 寝苦しい夜は、クーラーや扇風機をつけたまま寝てしまうことが多く、寝冷えの原因になります。また、気温が下がる明け方、昼寝のときなどは、つい油断しておなかに何も掛けず寝てしまいがちです。寝冷えにより、下痢・鼻水・せきなどの症状が出てきます。寝るときは、クーラーの室温設定やタイマーを調整したり、タオルケットを掛けるようにしたりして、気をつけましょう。

7.01
只今ライブ画像配信中!!各クラスページへおまわりください。
7.01
7.01
各クラスページを更新しました。

01.gif
お知らせページへの入室は各クラス指定のパスワードが必要です。


園児父母ならびに園関係者のみの入室となっております。関係者以外の方の入室に際しては、当園あてにメールにて御連絡下さい。内容のメ-ル発信をご希望の方、パスワードを紛失された方は当園まで御連絡ください。